HOMEへ戻る

あれやこれや・タタミブログ

石原畳材(有)|たたみのいしはら

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<< マンションをイメージチェンジ | main | 置き畳ではなく『俺様置き畳』はいかが? >>
本格的な畳べット

 

若き家具職人さんからの畳ベットへの施策以来です。

畳ベットといっても、量販店や通販のクラスではなく

半年あまりかけての素材も作りも、魅力あるベットです。

 

フレームは桜材、すのこ部分はヒノキ材

 

納品した仮置場に入ると、ヒノキのいい香りがします。

『ヒノキのいい香りですねえ!』、、、若き職人さんに言うと

慣れちゃって臭わないんですよう、、、と。

 

 

そこへ、畳を持ち込んだら、い草の香りって良いですねえ〜、、と

お互い、職業病なのか臭わないんですよねえ〜、、、、、

思わず顔を見合わせて笑っちゃいましたよ。

 

 

そんな、本格的な畳ベットには、やはり畳屋としての血が騒ぎ

熊本産のこだわり畳表。

高級綿縁 (翁 青)

その下には、竹炭パワーシート、クッションとしてケナフボード

畳床には扱いやすさも考慮してインシュレーションボードを使用しました。

 竹炭パワーシート http://ameblo.jp/katagi-okayama/entry-11255641875.html

 ケナフボード  http://www.inpit.go.jp/blob/katsuyo/pdf/business/2008_2_1.pdf#search=%27ケナフボード%27

 

 

世界中には高級なベットがたくさんあります。

しかし、こだわりの畳ベットは、日本にしかありません。

日本人として

家具職人と畳職人が作る畳ベット!

 

どうですか?

 

 

 

| 作品集 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.tatami13.com/trackback/1237740
このページの先頭へ