HOMEへ戻る

あれやこれや・タタミブログ

石原畳材(有)|たたみのいしはら

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<< 乱敷きを使った笑い溢れるお部屋作りとは? | main | たたみの日にリニューアル! >>
永瀬清子を訪ねて熊山橋を渡る!

まだまだ春なのに、真夏と言っても良いような

暑い土曜日の朝も早よから、

岡山県東部の赤磐市松木まで行ってまいりました。

詩人、永瀬清子さんの生家に畳の採寸をする為にです。

…と言うのも。

詩人  故 永瀬清子さんの

生家保存会の知人に以前から何度か畳の補修を頼まれていました。

 

https://nagasekiyoko-hozonkai.jimdo.com/永瀬清子とは/

 

 

 

永瀬清子さん(故人です)の入門書でもある

「詩人永瀬清子作品集  ー熊山橋を渡るー」(通称赤本)

なんと私も持っている…

似合いませんか?(≧∀≦)

 

この、熊山橋を渡って生家目指して車を走らせた訳です。

 

 

山と川に挟まれた、なんとも穏やかなこの土地で永瀬清子さんは

39歳から59歳までの20年間をを過ごし

多くの作品を残されました。

その後、89歳まで岡山市南方で、その生涯を閉じるまで

制作活動や講演活動にご活躍されました。

 

 

 

 

 

昨年、母屋と井戸が 国の有形文化財に登録されたこともあり

今回も張り切って、畳のボランティアにお伺い致しました。

 

 

 

 

そして

このお家、なんと二階に隠し部屋があるんです。

その、秘密の部屋の畳です。

 

https://ameblo.jp/zundoco03242/entry-12340107660.html

 

 

階段が取り付けられている。

 

 

天井を開くと、そこには。。

 

2畳半ほどの小部屋が。。

 

 

 

 

どんな人を隠していた部屋なのか?

そこにはどんなドラマがあったのか?

不授不施派とは??

興味は尽きませんがね。。。。

 

 

 

今回依頼された隠し部屋の畳…

どんな畳に仕上げて納めるか?

今日は採寸だけでしたが…

 

 

責任も感じながら職人魂も

くすぐられております。

さて?…ど〜しょ?(笑)

 

 

| - | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.tatami13.com/trackback/1237758
このページの先頭へ